風俗嬢のバカやろう

収穫のある一日になった

あの日に関しては収穫の多い一日になりました。性感マッサージに行ってきたんですよ。風俗はいろんなジャンルに手を出しているので、性感マッサージだけが特別好きって訳じゃないんです。むしろそれまであまり縁のない風俗だったからこそ、たまには利用してみようかなって思って性感マッサージを楽しんでみたんですけど、思った以上に素晴らしいものだったんですよね。むしろそれが自分の中でいろいろなことに気付くきっかけになったんです。もしかしたら自分はマゾなんじゃないかなとか、こういった事をされると楽しいんだなとか、それまでの風俗ではなかなか気づけなかったことに気付けるようになったんです。これってとっても大きな収穫なんじゃないかなって。こうしたことに気付けることで、次回以降の風俗で自分がどういったことを楽しむべきなのかが見えてくようになるじゃないですか。それだけでも自分自身、やっぱり風俗って素晴らしいなってことに気付かされましたからね。

ないものねだりは当たり前

ないものねだりは当たり前だと思うんですよ。あるものは別にねだる必要ないんですしね(笑)だから自分が風俗でいつも巨乳を指名するのもまた、ないものねだりなんじゃないかなって。自分、恋人もいるんです。でも、微乳なんです。別に胸の大きさであれこれ考えるようなことはないですし、恋人は人間性も大切だと思うので、微乳ってことに対して不満がある訳じゃない…とは思っているんですけど、深層心理ではやっぱり性的な面で不満というか、もっと大きければなって思いがあったのかもしれないですね。そのおかげで風俗に行くようになっちゃったのかもしれないですし、実際に巨乳ばかりと遊んでいる自分もいるんですよね。なんでそこまで巨乳マニアになってしまったのかは自分でもよく分かりませんけど、一つだけ言えるのはそれくらい巨乳風俗嬢は男心に火をつける存在なのかなって(笑)単純に、いつもぺったんこの胸しか見ていないので風俗で巨乳を見ると感動するんですよね(笑)