風俗嬢のバカやろう

巨乳は自慢するレベルでしょう

彼女自身は謙遜していましたけど、あの巨乳は自慢しても良いレベル。それだけ素晴らしい体を持つ風俗嬢との一戦は、自分でもかなり楽しめたんじゃないかなって思っています。やっぱりあれだけの巨乳だと、こっちの気持ちも違いますよね。しかも形の良い巨乳でした。全然垂れていないんです。張りを損ねていない素晴らしいボディは、触れるのではなく、見ているだけでも興奮するレベルだったんですよね。あれだけのレベルの巨乳を楽しめるとは思っていませんでしたので、自分でも予想外だったんです。ホームページで彼女のプロフや画像をチェックした時、小さくはないとは思いましたけど、まさかそこまで大きいとは思っていなかったんですよね。でも実際には巨乳であり、美乳。そんなバストの持ち主でもある風俗嬢との一戦は、当然主役は巨乳でした。揉んで挟んでと、時間内はずっとあのボディを楽しませてもらいました。それくらい、がっつり楽しむことが出来たので悔いはありません。

観光がてらってパターン

日常生活の中ではあまり風俗を楽しむことがないんですけど、一人旅をすると開放感からか、風俗で遊ぶことが多いんですよね。旅は開放感をもたらしてくれるって言いますけど、旅をしているっていう解放感と共に、見知らぬ場所に来るとそれまでのしがらみがすべて消えるかのような気持ちになるので、それによって風俗を楽しみたいって気持ちが芽生えるのかもしれません。自宅に住んでいる時には、そこまで積極的な風俗気分にはならないっていうか、これは風俗だけじゃなくて他のどのようなことにも言えるんです。仕事と家の往復だけで気が滅入っているっていうか、あまりあれこれ考えるようなことはないんですよね。でも旅をしている時には、風俗でもって気持ちになるんです。それだけ人の心って開放感とか非日常感を求めているものなのかなって思いますよね。やっぱりそこにはいろいろな気持ちがありますけど、旅をしている開放感はとっても高いものがあるなって。